JAL|JL127便(羽田→伊丹)搭乗記 国内線787初搭乗

2020年9月24日

JAL JL127便 羽田(16:30)→伊丹

搭乗記

羽田16:30発の大阪伊丹行きに搭乗しました。
使用機材は10月27日に路線投入されたばかりのJAL国内線用787-8でした。
普通席にも個人モニターが設置されており、機内エンタテイメントを楽しむことが出来ます。
その他フライトマップも様々なアングルで見ることが出来ました。羽田伊丹はフライト時間が短いのでもっと乗っていたいと思いました。

東京国際空港発16:30
大阪国際空港着17:25
使用機材Boeing787-8
登録番号JA846J
搭乗機が伊丹から到着
夕日を浴びてスポットイン
14番搭乗口から搭乗します

平日の羽田伊丹便ということでビジネス利用がほとんど。優先搭乗に行列が出来るおなじみの光景が繰り広げられます。

着席しました
最新のキャビン
座席モニター
便名JL127
区間HND-ITM
座席・クラス48B・Y
出発時刻16:30
到着時刻17:25
出発ゲート14
離陸滑走路05
到着滑走路32L
到着ゲート17