【LCC】スク―ト|TZ288(高雄→関西)搭乗記

2020年9月24日

スクート TZ288便 高雄(11:30)→関西 

2017年6月の搭乗記です。

現在は使用機材がA320にダウンサイズしています。

私が登場した際はB787-8型機でした。機材は違いますが雰囲気だけでもお伝えできればと思います。

スクートとは

スクートとは、シンガポールを拠点に展開している、シンガポール航空傘下の格安航空会社(LCC)です。

2017年に同じくシンガポールを拠点としていたLCC「タイガーエア」と合併しましたが、「スクート」ブランドで運行を継続しています。

保有機材はエアバス320型機、ボーイング787型機を合わせて40機以上保有しています。

スクート

搭乗記

高雄国際空港発関西国際空港着
11:3015:30
使用機材Boeing787-8
登録番号9V-OFE

搭乗時の様子を写真でご紹介します。

搭乗前

高雄は11:30の出発。高雄空港の出発ラッシュは一息ついた後なのか、当便以外に駐機している飛行機はみることが出来ませんでした。

チェックインカウンター

チェックインはシンガポール航空絡みなのか、同じスタアラのエバー航空の社員が担当していました。

出発便の一覧 搭乗するスクートの後はアイドルタイムで午後まで出発はありません
搭乗口

32番ゲートから搭乗します。11:10から搭乗が開始されました。

ノーズの色だけグレーです。交換したのかな?

スク―トの機体には1機ずつニックネームがついていて、搭乗した機体はFuture of yellowという名前がついていました。

機内の様子

機内に入るとイエローの照明で迎え入れられました。インテリアも各社違いが出るので初めて搭乗するエアラインの楽しみの一つでもあります。

シートピッチはレガシーキャリアとほぼかわらず快適。さすがに個人モニターはありませんがWifiが付いているので必要があれば課金して自分のスマホ等で楽しむことができます。映画のラインナップは・・・微妙でした。

787の静かさと機内の快適性を堪能し、15:00に関西空港に到着しました。予定より30分ほど早着となりました。

フライトログ

便名TZ288
区間KHH-KIX
座席・クラス23F・Y
出発時刻11:30
到着時刻15:00
出発地の天候・気温晴・31℃
到着地の天候・気温晴・20℃
離陸滑走路09
着陸滑走路06L