【ご当地ICカード】東北関東編 地域連携ICカード導入の動きも

2020年5月8日

Kitaka Suica ICOCA TOIKA PASMO Pitapa SUGOCAなど

日本全国共通で使用できる交通系ICカードは鉄道やバスを利用する人にとって持っていることが当たり前の時代になりました。

実際駅の改札口で見ていても、ほとんどの人がICカードを利用しています。

僕は名鉄が発行しているmanacaを使用しています。

割引はなくお得感はないけど、馬の記念デザインが気に入っているので愛用しています。

さて、先にあげたカードの種類だけでも10種類ありますが、全国各地には地域限定、バス会社限定のローカルICカードが多数存在します。

おそらくその地域に住んでいて、ローカルバスや鉄道を利用している人しか知り得ないものばかりかと。

2020年4月現在

東北のご当地カード

仙台市交通局 イクスカ

仙台市交通局のイクスカは仙台の市バスと地下鉄、宮城交通、ミヤコーバス、楽天シャトルバス、仙台のSuicaエリアのJR線と仙台空港アクセス線で使用できます。

福島交通 のるか

福島交通が独自に発行するICカードです。

福島交通が運行する一般路線バスと飯坂線で使用できます。専用のステッカーが目印です。

都市間高速バスやリムジンバスは対象外です。

チャージごとのプレミア付与(時差あり)や定期券機能は他カードと同じです。

気仙沼線、大船渡線BRT odeca オデカ

JR東日本「気仙沼線BRT」「大船渡線BRT」で使えるBRT専用ICカード乗車券です。

odecaという名前は「おでかけしやすいICカード」という意味。おっぽくんといリスのキャラクターが描かれています。おっぽくんの「尾がでかい」こととかけています。

なお発行はJR東日本ですが、Suicaエリアで利用できないので注意が必要です。

関東のご当地カード

茨城交通 いばっぴ でんてつハイカード

茨城交通には2種類のICカードが存在しています。

いばっぴは茨城交通のカードですが、でんてつハイカードは旧日立電鉄サービスのICカードです。

現在は2社が合併し茨城交通となっていますが、旧茨城交通エリアは「いばっぴ」旧日立電鉄エリアは「でんてつハイカード」と分かれているので要注意。

茨城交通公式サイトより引用

いばっぴは利用ごとに10パーセントの割引だけでなく、平日の10時から14時までの利用でさらに10パーセント割引になります。利用ごとに割引があるのがいいですね。

でんてつハイカードはチャージ時のプレミアム付与となっています。

なお後でも述べますが、2023年にいばっぴとでんてつハイカードに代わる新たなカードとして地域連携ICカードの導入が予定されています。

各地で地域連携ICカードが2021年春以降サービス開始予定

2021年春以降、新たなICカードサービスの開始が予定されています。

JR東日本、ソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズ株式会社及びJR東日本メカトロニクス株式会社は共同でSuicaと各地域の交通系ICカードを1枚のカードにまとめられる2in1カード「地域連携ICカード」とその発行システムの開発を行い、2021年春の提供開始を目指します。

三社は協力して地域の多様なサービスとSuicaの結びつきを高め、地域特性に応じた安全でシームレスな生活交通ネットワークの構築に取り組んで行きます。

JR東日本より

いいですね地域連携ICカード。

地域交通の独自プレミアムサービス(ポイント)とSuicaが一体となることで、地域での特典を受けることが出来ます。さらにSuicaが使えるエリアの交通、即ち全国の交通系ICカード相互利用可能箇所と、コンビニなどの店舗で使用できるとても便利なカードです。

これ1枚あれば十分と言えるのではないでしょうか。

この機能のICカードはnimocaがやや先行していて、函館のICASnimocaや今後導入予定のnagasakinimocaも同様の機能をもった2in1カードです。

現時点でSuicaの地域連携ICカード導入予定の箇所をまとめたので是非ご覧ください。

岩手県交通

岩手県交通では2021年春に地域連携ICカードの導入を予定しています。

将来的には岩手県北交通にも拡大するとか。

秋田県

2021年春、秋田中央交通、ぐるる、秋田マイタウン・バスで地域連携ICカードの導入が予定されています。

岩手県交通もそうですが、新たなカード名がつくのかどうか未定となっています。

秋田市内の一般路線バスと秋田空港リムジンバスで使えるようになるようです。

宇都宮ICカード(仮)

関東自動車の一般路線バス全線、JRバス関東の栃木県内一般路線バス、宇都宮ライトレールでサービス開始予定です。

関東自動車とJRバス関東は2021年春、宇都宮ライトレールは2022年春を予定しています。

茨城交通&旧日立電鉄

2023年には茨城交通の「いばっぴ」と旧日立電鉄サービスの「でんてつハイカード」を共通化しSuicaの地域連携ICカードの導入が決まりました。

みちのりHD傘下に入り、茨城交通と日立電鉄サービスが合併しましたし、サービスを一本化するにはちょうどいいタイミングですし。

茨城交通の任田正史社長は「路線バスについてはもっと利便性を高められる」と力を込めています。

まとめ

関東地区はSuica、PASMOエリアで広範囲をカバーしているためご当地ICカードが入る余地はあまりないようです。多くの事業者が乗り入れているので独自にICカードを作るとややこしいですしね。

今後導入が予定されている地域連携ICカードの動向が気になりますね。

鉄道、物販、地域交通がICカードでシームレスにつながれば煩わしい支払いもなくなり特典も受けてオトクです。

将来的には地域全体で地域連携ICカードが使えるようになれば、サブスクのような月額制の新たなサービスや最近観光地で実験されているMaasの地域版みたいなサービスが生まれるかもしれません。

Paypayの社長も「なんとしても決済を制したい」と言うくらい決済を握ることが会社の成長に欠かせないとか。

地域連携ICカードが他の地域に広がって行くのでしょうか。

楽しみです。

バス

Posted by hiyakake