【ご当地ICカード】北海道編 十勝バスの路線バスでPaypay決済サービススタート 

2020年5月8日

Kitaka Suica ICOCA TOIKA PASMO Pitapa SUGOCAなど

日本全国共通で使用できる交通系ICカードは鉄道やバスを利用する人にとって持っていることが当たり前の時代になりました。

実際駅の改札口で見ていても、ほとんどの人がICカードを利用しています。

僕は名鉄が発行しているmanacaを使用しています。

割引はなくお得感はないけど、馬の記念デザインが気に入っているので愛用しています。

さて、先にあげたカードの種類だけでも10種類ありますが、全国各地には地域限定、バス会社限定のローカルICカードが多数存在します。

おそらくその地域に住んでいて、ローカルバスや鉄道を利用している人しか知り得ないものばかりかと。

2020年4月現在

北海道のご当地ICカード

北海道の主要都市、旭川、札幌、函館の3都市と北海道北見バス専用のご当地ICカードが存在しています。

道北バス DoCARD(Doカード)

道北バスが発行するDoCARDです。

道北バス、旭川電気軌道の一般路線バスで使用可能です。都市間高速バスでは使用できません。

DoCARD定期券も発売されています。

チャージは最大20000円まで。チャージごとに10パーセントのプレミアムがつきます。(1000円チャージで1100円使用可能)

旭川電気軌道 Asaca(アサカ)

旭川電気軌道が発行するAsacaです。旭川電気軌道と道北バスの一般路線バスで使用可能。

カードのデザインはゆるきゃらあさっぴーと石狩川にかかる旭橋。DoCARDもAsacaも同じデザインで色違いですね。

DoCARD同様チャージごとに10パーセントのプレミアムが付与されます。

札幌 Sapica(サピカ)

札幌市内の地下鉄、バス、市電で使用できるSapicaです。

交通機関だけでなくSapicaマークのあるコンビニや店舗でも使用可能。

また10パーセントのプレミアムがつきます。

使用可能エリアは、札幌市営地下鉄全線、市電全線、ジェイ・アール北海道バス、じょうてつ、北海道中央バスの札幌市内全路線に加えて一部の高速バス、新千歳空港連絡バスでも使用可能です。

使用範囲が広いので、札幌観光するなら1枚持っていてもいいかもしれませんね。

函館バス、函館市電 ICAS nimoca(イカすニモカ)

函館バスと函館市電で使えるほか、nimokaが使える交通機関や店舗で使用可能で便利なカードです。

なかなか名前がパンチ効いています。

ご当地ICカードが全国でも使える時代になったということですね。

地域独自のサービス機能と、全国交通系ICとしての機能が合わさったようなカードです。

これからこのタイプのカードが広がることが予想されます。

ICASnimocaはその先駆けといってもいいかもしれません。

ICASnimocaは函館バス、函館市電乗車時に3%のポイントが付くほか、1か月の利用金額に合わせてボーナスポイントが付与される仕組みになっています。

また60分以内に乗り継いだ場合には乗継割引が自動で適用されます。

北海道北見バス バスカード

都市間バスを除く北海道北見バス全路線で使用できるICタイプのカードです。

1000円チャージごとに70円のプレミアが付きます。

また北見市中心エリア内の利用は一律100円引きというお得なカードです。

十勝バスでPaypay決済を導入

帯広市を中心に運行している十勝バスは、4/8から一般路線バスや帯広空港連絡バスの車内で、Paypayで決済できるサービスを開始しています。

僕が知る限り、路線バスの車内でPaypay決済ができるのは全国初ではないかと思います。

Paypayは最近使える店舗が多いし、チャージも銀行経由とセブン銀行経由が使えて結構頻繁に利用させてもらっています。

十勝バスは全国初、路線バスでの電子マネー「WAON」決済を導入しましたし、独自の路線を行っていますね。おそらく営業エリアで最も利用されているICカードがWAONだったのでしょう。

路線バスのPaypay決済はQRコードを読み取り、自分で金額を入力して乗務員に確認してもらう方式です。

十勝バスプレス資料より

資料には「入力は座席でしていただいても構いませんが、支払いはおさないでください」と書いてあります。

ということはQRコードが各座席に張り付けてあるのでしょうか。

ここは確認出来次第、追記しますね。

いずれにしても決済方法が多様化することは大歓迎です。

特に勝手のわからない地域の路線バスに乗って運賃を支払う時って緊張しませんか?

定期を見せて降りていく人が多い中運賃箱の前でモタモタ・・・

小心者の僕は早くその場から立ち去りたい気分になってしまいます。

普段使っているQR決済や交通系ICが使えると、他地域から利用する際は安心感がありますね。

一度十勝バスも乗車して体験してみたいところです。帯広に行きたい!

十勝バスを乗り回し、豚丼やグルメを満喫して、ばんえい競馬を見て十勝川温泉でほっこりしたいです。